人気ブログランキング |

平和・無防備地域をめざす宇治市民の会 blog


宇治市を基地のない平和なまちに ~ 憲法9条を守る運動から平和をつくる運動へ
by ujimuboubi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:精華町 ( 26 ) タグの人気記事

山内徳信参議院議員が祝園弾薬庫撤去で質問趣意書提出!

みなさまへ

 参議院議員の山内徳信事務所から1月28日、別添のとおり祝園弾薬庫の質問主意書を提出していただきました。回答は2月6日の予定だそうです。どんな回答が返ってくるかわかりませんが、精華町と京田辺での取り組みのバネになればと思います。ご注目ください!


関西文化学術研究都市」区域内に存在する祝園弾薬庫に関する質問主意書


「関西文化学術研究都市建設促進法」(一九八七年施行)により国家的事業として位置づけされ、国立国会図書館(関西館)等の施設が立地する「関西文化学術研究都市」には、太平洋戦争時には東洋一とまで言われた大弾薬庫が、戦後は自衛隊の「陸上自衛隊関西補給処祝園弾薬支処」(以下、「祝園弾薬庫」という。)として配備されている。

 「関西文化学術研究都市建設促進法」施行から二十年が経過し、事業の進捗に伴い周辺整備が進んできた今日、「学術研究都市」の中心部に存在する祝園弾薬庫が、爆発事故を起こした場合はもちろん、日本政府も批准し、武力紛争時の軍民分離の原則を定めたジュネーブ条約遵守の観点からも、周辺に多大な被害を与えるであろうと予測される現状は、問題を抱えているといわざるを得ない。このような事態は一日も早く解決しなければならないと考える。

 そこで以下質問する。

一 関西文化学術研究都市建設の現状に鑑みて、祝園弾薬庫の移転について検討を行うべき時期に来ていると考えるが、いかが。

二 早期移転が困難であるならば、自然災害被災時及び武力攻撃を受けた際の被害予測並びに祝園弾薬庫周辺の安全対策を明らかにされたい。

三 祝園弾薬庫は、建設から六十年以上経過し、施設の老朽化が進行していると判断されるが、安全対策の現状について明らかにされたい。

四 祝園弾薬庫への弾薬の搬入・搬出時の安全対策、事故防止策について明らかにされたい。

五 祝園弾薬庫と民間施設との「必要離隔距離」について明らかにされたい。

右質問する。
by ujimuboubi | 2009-01-31 09:36 | 精華町のとりくみ

「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/25

============================================
「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/25
============================================

 精華町平和・自治基本条例制定へのご支援ありがとうございます。

 12月24日(水)、精華町議会本会議で精華町平和・自治基本条例案が否決されました。(賛成議員無し)
 
 しかし、法定数の2.5倍1365筆(有効署名1266筆)の市民の署名により直接請求が成立したこと、総務教育常任委員会で請求代表者の参考人招致が実現したことなど、多くの成果がありました。

 精華町議会 本会議最終日(12/24)の概要は以下のとおりです。

 総務教育委員長が、委員会での審議結果を報告後、討論があり3人の議員が反対討論しました。

 =>(委員会報告)
    委員会では条例案に対し、5人から反対討論があり、その内容は、
    
    ・我が国が批准したジュネーブ条約を否定しないが、法律に抵触し、
     住民に対する自治体の責任を放棄するものである。
    ・無防備宣言の有効性、戦時下における安全面で疑問
    ・多数の町民が弾薬庫撤去の姿勢だが、条例化にふさわしくない。
    ・無防備宣言では占領下に効果的な対応ができない。

 =>(本会議討論)
   ・T議員
    町会議員は、町民のためにあるが、条例案は町民の暮らし、健康等の利益のためにならないので反対。

   ・S議員(住民派)
   非核平和宣言こそ生かすべき、自治体の権限を越え実現不可能
    ・条例1条、3条(平和的生存権)は憲法前文にあるので、改めて条例で定める必要ない
   ・町の権限を越えるので効力ない。憲法94条(法律の範囲内で条例制定できる)。
   ・条例5条(無防備宣言)について、ジュネーブ条約の4条件は、町の権限ではないし、国の見解では自治体は宣言できない。

   ・S議員(共産)
   弾薬庫撤去の思い強く、見過ごすことのできない問題
    しかし、今大事なのは有事を想定した条例ではなく、有事にしないこと、9条。

 毎日新聞(25日)は、請求代表者の声「否決は残念だが、今回、街頭で多くの人が署名してくれた。
 今後も祝園弾薬庫撤去に向けて---」を、報道していただきました。

 ここから、新たなスタートです。
by ujimuboubi | 2008-12-26 01:09 | 精華町のとりくみ

「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/23

市民の会のメールニュースを送信します。

==========================================
「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/23
==========================================

いよいよ明日、精華町平和・自治基本条例の採決の本会議です。
最後の傍聴をよろしくお願いします。
この間の町長意見書、請求代表者2名の意見陳述を下記にPDFでアップしました。

http://www.geocities.jp/sei_ka_cho/sub7.html


<精華町議会傍聴スケジュール> 
日時 12月24日(水)14時30分 本会議
場所 精華町役場6階(近鉄新祝園駅・JR祝園駅下車西へ7分)

-------------------------------------------------
無防備・平和都市精華をつくる市民の会
〒619-0237 精華町光台9-12-4(神田方)  
Tel:080-6105-7065  Fax:0774-93-3903
e-mail kanda912@kinet-tv.ne.jp   
ホームページ http://www.geocities.jp/sei_ka_cho/
--------------------------------------------------
by ujimuboubi | 2008-12-24 18:24 | 精華町のとりくみ

精華町議会委員会審議 わずか45分で否決

市民の会のメールニュースを送信します。

===============================================
「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/20
===============================================  
 12月19日午後1時から、15日の本会議に続いて総務教育委員会が開催されました。
 委員構成は、民主2名、公明1名、自民1名、新精会2名、共産1名、無所属1名です。
 13時に始まって13時45分に終わるという寝屋川の記録を上回る超スピード審議で、内容も最低でした。
 
 町長は、国民の生命・財産を守るのは国の責務。国の法令によって作られたものを自治体が勝手に撤去を言うことはできない。弾薬庫の撤去を努力義務として規定することについても、定めたとしても法的拘束力の無い形式的なもので意味がない。大和市条例の厚木基地とは、爆音訴訟で国が負けるなど歴史的経過も違う。ちなみに厚木市に国に撤去を求めたことがあるかと尋ねたが、無いとの答えであったetc、聞くに堪えない答弁ばかりでした。
 
 共産党も、この条例が今の日本の現実にあっているか疑問、まず9条を守り戦争を阻止するのが重要、日本はまだ後方支援だけで全面戦争に参加していないのは9条があるから、9条を守る闘いが大切。戦時に、有効に働くか疑問etcとこれも後退した発言ばかりでした。
 
 また相変わらず、保守系議員からは、自衛隊を自分たちの町から撤退させて他のところへやるという身勝手な考え、突き詰めていけば自衛隊を認めないということか?祝園弾薬庫は、いまだかつて事故を起こしたことがない。(弾薬庫がある限り、事故の危険性はあるのだ!)etc、そして極めつけは、委員長の最後のぽろっと一言「祝園弾薬庫にこれだけ反対の声があるということで、国に補助金を増額してもらわないといけないなあ。」なんと、人の命とお金を天秤にかけようというこの発想!

 「許せない、こんな町長と議会を変える第一歩を今日から始めよう」という感想が委員会終了後のみんなの思いでした。
by ujimuboubi | 2008-12-21 07:58 | 精華町のとりくみ

精華町請求代表者意見陳述(神田高宏さん)

精華町条例制定請求代表者陳述
f0198760_084148.jpg


 精華町平和・自治基本条例」制定請求代表者 神田高宏です。よろしくお願いします。

 条例制定の直接請求を行いました。当然、条例制定が目的ですが、条例は手段です。では、何のためか?と申しますと、平和のためです。祝園弾薬庫を撤去するためです。精華町を戦争に協力しない街にして、市民の命を危険から守るためです。学研都市の中に弾薬庫があっては、町民、市民の命、安全が脅かされています。常々、爆発事故の脅威、攻撃対象としての脅威があります。また、山火事があればどうなるのかというような不安がいっぱいあります。爆発すればどこまで被害が及ぶのかという不安、どのように避難すればよいのかという不安、弾薬庫の中で事故があった場合、速やかに公開・報告されるのかという不安です。

 祝園弾薬庫を撤去し、平和に暮らしたいという思いを多数の市民が持っています。国・防衛省の施設である弾薬庫を撤去するには市民としてどうすればよいか?どうすれば一生平和的に生きられるか、子供たちに平和を残せるかという思いから、自治体の憲法というべき「平和・自治基本条例」が必要であるという考えに至ったわけです。

More
by ujimuboubi | 2008-12-15 23:30 | 精華町のとりくみ

精華町意見陳述(請求代表者 奥田 宗三郎さん)

精華町条例制定請求代表者意見陳述書
f0198760_231154.jpg


 只今、ご紹介にあずかりました「精華町平和・自治基本条例」請求代表者の一人であります、奥田宗三郎と申します。木村要町長ならびに町議会各議員の皆様が、日々、精華町に住む市民の命やくらし、安全を守るためにご活躍いただいておりますことに敬意を表します。
本日は、本会議で全議員のみなさんのご出席のもとで「精華町平和・自治基本条例」の制定の意見陳述の場を、与えていただき厚く御礼申し上げます。
さて、この度の「精華町平和・自治基本条例の制定を求める署名活動を、私どもは本年9月27日から1ヶ月にわたって市民のみなさまにお願いをしてまいりました。そして、10月30日に1,365筆の署名を提出し、12月1日には1,266筆の有効署名を直接木村町長に手渡し、本請求をさせていただいたところであります。

 私どもは、地方自治体こそが住民の生命と安全、暮らしにもっとも身近で責任を有するものとして、住民の立場に立つべきであると考え、弾薬庫のない平和なまちづくりを町政の基本とするために、直接請求署名を呼びかけてまいりました。

続きを読む
by ujimuboubi | 2008-12-15 23:15 | 精華町のとりくみ

精華町平和・自治基本条例-精華町長の意見

精華町平和・自治基本条例 (案)意見書
f0198760_0182063.jpg


 申すまでもなく、そもそも地方公共団体における条例とは、地方自治法第14条第2項において、法令に違反しない限りにおいて、第2条第2項の事務,すなわち自治事務及び法定受託事務に関し制定することができるとされております。 本条例案は。前文、第1条から第15条まで、及び、附則により構成されており、その目的として、日本国憲法の平和主義、地方自治の原則,ジュネーブ諸条約及び追加議定書などの国際人道法に基づき、住民の平和的生存権を保障し、人間としての基本的な権利と豊かな生活の維持の実現について定めようとするものであります。

 一方、本町におきましては、昭和62年12月に精華町議会の議決を経て「非核・平和都市宣言」を行っており、その中で、日本国憲法に掲げられた恒久平和の理念を町民生活に生かし、子々孫々に継承する姿勢を明らかにしております。この宣言を受け、本町では、町議会をはじめ、各種団体の皆様と実行委員会形式で,毎年、精華町平和祭典を開催するなど、恒久平和に向けた平和施策の推進に努めてきております。

 さらに、平成14年6月には同じく議会の議決を経て、「住民主体のまちづくり」を高く掲げた第4次総合計画基本構想を策定するなどしており、改めて本条例案により平和と自治に関する基本条例を定める必要はないと考えております。

 それでは、必要でないとする理由について,具体的に説明させていただきます。

続きを読む
by ujimuboubi | 2008-12-15 23:07 | 精華町のとりくみ

「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/15

====================================================
「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/15
====================================================

 本日、午前10時より精華町議会の本会議が開催されました。休憩を挟んで午後1時から、町長が「精華平和・自治基本条例」に反対意見書を添えて条例制定の提案がなされました。20名弱の傍聴者を前にして、町長は、条例提案をする立場にありながら、条例案を読み上げることもなく、反対の意見書のみを読み上げるという失礼な態度でした。
 そして、請求代表者の神田高弘さん、奥田宗三郎さんの2名がそれぞれ持ち時間20分を精一杯使って、町長意見書に全面的に反論をしました。

 町長の意見書は、できない理由を主に5点あげています。

1.平和的生存権は憲法に規定されており条例で制定しなくても良い
2.弾薬庫は学研都市にふさわしくないし、共存は難しいが町の条例では撤去に努めるとの規定はできない
3.無防備地域宣言は自治体の権能を超える 国の見解ではできない
4.こどもの権利条約は憲法遵守義務により、国内法秩序に適用され、改めて条例制定しなくて良い
5.まちづくり総合計画は本町で第4次にわたる基本構想を策定してきている。住民参画の各種審議会と整合性が図れない。
 そして、必要性と有効性がない。憲法や地方自治法をはじめ関係法律に抵触するおそれがあり、本町の関係条例との整合性も図れないと結論付けています。

これに対して、請求代表者2名から

1に対しては
 「非核・平和都市宣言」も平和的生存権にかかわるものであり、非核宣言ができて平和条例ができない理由にはならない。政府がイラク派兵などの戦争政策を採っている以上自治体が具体的な権利として平和的生存権を規定することに意味がある。

2に対しては
 「町の条例で撤去に努めることは法的に不可能である」というのは、まったくの誤り。総務省にでも確認しなさい。

3にたいしては
 自治体でもできるという赤十字国際委員会のコメンタールの解釈を無視した勝手な国の見解は、誤り。

4に対しては
 平和がなければ子供たちが、自ら主体性を持った人間として成長していくことはできない、平和と自治の理念を子どもたちも含めた町に住むすべての人々と共有し、未来に伝えていくことが大切。

5に対しては
 条例案は、これまでの計画とはどこも矛盾もしないし、整合性が取れないこともない、一体どこが整合性が取れないのかわからない!?反対ありきのためにする理由としか考えられない。

 2名のすばらしい陳述で、久々に胸のすく議会でした。舞台は、いよいよ19日の委員会論議に移ります。請求代表者の神田さんの参考人招致も決まりました。更なる傍聴支援をお願いします。

追記
 町長の意見書及び意見陳述書については近いうちにホームページにアップしますのでしば
らくお待ちください。

f0198760_125285.jpg

f0198760_1252966.jpg


<精華町議会傍聴スケジュール> 

日時 12月19日(金)13時から総務教育委員会
場所 精華町役場6階(近鉄新祝園駅・JR祝園駅下車西へ7分)

 当初、10時とご案内していましたが、午後1時からです。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------
無防備・平和都市精華をつくる市民の会
〒619-0237 精華町光台9-12-4(神田方)  
Tel:080-6105-7065  Fax:0774-93-3903
e-mail kanda912@kinet-tv.ne.jp   
ホームページ http://www.geocities.jp/sei_ka_cho/
--------------------------------------------------
by ujimuboubi | 2008-12-15 23:06 | 精華町のとりくみ

精華町議会月曜日13時 町長意見と請求代表者の意見陳述あります。

市民の会のメールニュースを送信します。

============================================
「無防備・平和都市精華をつくる市民の会 メールニュース」2008/12/12
============================================
*以前に案内した日程から、時間が変更になっています。

精華町でのこの間の取り組みと議会審議の最新情報を送ります。
 12月1日に、直接町長に署名を手渡しました。
弾薬庫撤去にかける市民の願いを受け止めてほしいとの会からの要請に対して、町長は弾
薬庫のことには直接触れませんでしたが「みなさんの運動の趣旨を受け止め議会に諮りま
す。みなさんの思いを軽々に扱うつもりは無い。」との表明が為されました。
 そして、当初議会審議に当たって議会事務局に要請に行った時には「精華町議会は、委
員会主義なので総務委員会において意見陳述をしてもらう、とりわけ時間制限もしない、
常識の範囲以内でやってください。」ということでしたが、「初めての住民請求なので全
議員に聞いてもらおうと考えているので、本会議で請求代表者それぞれ各20分意見陳述し
てください。」ということになりました。本会議での意見陳述は望むところであったの
で、町長の意見書に対する反論も含めて堂々と意見表明をして行きたいと考えています。
 ただ、委員会は会期中に1日のみの開催なので、おそらく参考人招致も無く傍聴のみと
なりそうです。(尼崎のような実質論議を恐れたのかも知れません。)
請求代表者の意見陳述をぜひとも皆さんの傍聴支援で支えてください!

<精華町議会傍聴スケジュール>

日時 12月15日(月)13時から本会議 市長意見表明 請求代表者意見陳述
日時 12月19日(金)10時から総務教育委員会

場所 精華町役場6階(近鉄新祝園駅・JR祝園駅下車西へ7分)
 
-------------------------------------------------
無防備・平和都市精華をつくる市民の会
〒619-0237 精華町光台9-12-4(神田方)  
Tel:080-6105-7065  Fax:0774-93-3903
e-mail kanda912@kinet-tv.ne.jp   
ホームページ http://www.geocities.jp/sei_ka_cho/
--------------------------------------------------
by ujimuboubi | 2008-12-13 15:17 | 精華町のとりくみ

精華無防備・明日から12月議会はじまる!

みなさまへ
 
精華町の12月議会が明日10日から始まります。

町長の意見表明は15日(月)10時~ 
総務教育委員会審議は19日(金)10時~

となります。

今日、議会に向けたビラを精華町光台4丁目に配布しました。あいにくの雨で、ビラも濡れてしまいましたが、明日の議会までになんとか配ることができました。

f0198760_2356321.jpg

光台のイルミネーションがキレイな家にビラを入れているところ。

f0198760_23555843.jpg

光台4丁目 イルミネーション多し。

by ujimuboubi | 2008-12-09 23:55 | 精華町のとりくみ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
検索
最新の記事
ブログパーツ
株主優待で得をする
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧