人気ブログランキング |

平和・無防備地域をめざす宇治市民の会 blog


宇治市を基地のない平和なまちに ~ 憲法9条を守る運動から平和をつくる運動へ
by ujimuboubi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

空自、PAC3載せフェリー出港 30日に秋田、岩手に到着

共同通信 2009年3月29日 16時39分 ( 2009年3月29日 16時45分更新 )

空自、PAC3載せフェリー出港 30日に秋田、岩手に到着


 北朝鮮が「人工衛星」として発射準備を進める長距離弾道ミサイルの落下に備え、航空自衛隊は29日、秋田、岩手両県に向け、静岡県・浜松基地に配備している地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の部隊の移動を始めた。PAC3の発射機や関連装備を積む車両約60台は同日午前、静岡県・清水港に到着。午後、フェリーで宮城県へ向け出港した。30日に陸路で秋田、岩手両県に到着する予定。
by ujimuboubi | 2009-03-29 23:18

空自がPAC3を秋田、岩手へ 北朝鮮ミサイル対応

共同通信 2009年3月29日 07時54分 ( 2009年3月29日 10時29分更新 )

空自がPAC3を秋田、岩手へ 北朝鮮ミサイル対応

 北朝鮮が「人工衛星」として発射準備を進める長距離弾道ミサイルの落下に備えるため、航空自衛隊は29日、静岡県の浜松基地に配備されている地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の秋田、岩手両県への移動を開始した。PAC3の発射機や関連装備を積む車両数十台は同日午前、静岡県の清水港に着き、午後からフェリーなどで宮城県へ向かい、30日に陸路で秋田、岩手両県に到着する予定。
by ujimuboubi | 2009-03-29 23:14 | 自衛隊関連

3・29社会保障の拡充をめざす集い

人らしく生きさせろ!
社会保障の拡充をめざす集い
-すべての人に必要な保障を-



日 時  2009年3月29日(日) 13:00~17:00
場 所  エルおおさか(地下鉄・京阪天満橋駅下車徒歩7分)
参加費 一般700円、障がい・高齢者・非正規など300円

内 容
●全体集会(13:00~14:20)
(1)基調報告 手塚隆寛さん(社会保障解体に反対し公的保障を実現する会)
(2)講演    里見賢治さん(佛教大学教授・大阪府立大学名誉教授)
 
●分科会(14:30~16:20)
第1分科会 生活保護の正しい運用を全国へ
   「年越し派遣村」からの集団申請=仕事と住居を失った人々の生活要求が、生活保護本来の運用を引き出しました。仕事や住居を失った人々への生活保護の正しい運用を全国に広げていきましょう。ぜひ、ご参加ください。  
       
第2分科会 誰のための介護保険制度?!
  この春に改定される介護保険制度は、さらに多くの高齢者を切る捨てるものになっています。現場からの悲痛な声を聞いてください。
  *認定調査内容の改悪についてケアマネージャーより          
  *ひとり2万円の賃上げと威勢はいいが・・
  *今後の方向性について
       
第3分科会 医療崩壊とたたかうー公的医療費と公的医療供給体制の拡充を
 後期高齢者も乳幼児医療費も無料化にむけてたたかい、自治体病院をはじめとする公的医療体制を守り拡充する方向を討議します。
       
●全体集会(16:30~17:00)
  分科会報告と今後のとりくみについて話し合います。
   
●終了(17:00)

 「年寄りは死ねというのか」と後期高齢者医療制度に抗議した人の声は、社会保制度解体への抗議の声でもあります。不況を口実になりふり構わぬ解雇の嵐が吹き荒れています。社会保障解体と大量首切り、どちらも新自由主義がもたらしたものです。
 社会保障解体に反対し、医療・介護・障害者福祉など「誰もが人として生きるために、必要な人に必要な保障」を公的に拡充させる集いを開催します。社会保障に市場競争原理の導入は誤りです。公的保障拡充の展望をともに討議・交流しましょう。

主催    社会保障の拡充をめざす集い実行委員会
連絡先  社会保障解体に反対し公的保障を実現する会  090-1509-0706(手塚)
       反貧困アクション・関西                 090-8232-1664(奥森)
  http://hanhinkon.exblog.jp 
       hanhinkon@exblog.jp
by ujimuboubi | 2009-03-29 13:00 | 集会・行動・イベント案内

海自イージス艦が出港 米艦と連携し迎撃態勢

海自イージス艦が出港 米艦と連携し迎撃態勢

 共同通信 2009年3月28日 09時17分 ( 2009年3月28日 10時05分更新 )

 長崎県の佐世保基地を出港した海上自衛隊のイージス艦「ちょうかい」。後方は「こんごう」=28日午前8時16分、共同通信社ヘリから

 北朝鮮の長距離弾道ミサイルの落下に備える破壊措置命令を受け、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載した海上自衛隊のイージス艦「こんごう」と「ちょうかい」が28日午前、長崎県の佐世保基地を出港、SM3を搭載しないイージス艦「きりしま」も神奈川県の横須賀基地を出発した。米海軍のイージス艦などと連携し、北朝鮮が4月4-8日と通告した発射に備える。
by ujimuboubi | 2009-03-29 00:21

<北朝鮮ミサイル>海自イージス艦3隻が出港

<北朝鮮ミサイル>海自イージス艦3隻が出港
 
2009年3月28日 10時44分 ( 2009年3月28日 16時03分更新 )

 北朝鮮の弾道ミサイル落下に備えた「破壊措置命令」を受け、海上自衛隊のイージス艦3隻が28日朝、出港した。海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を装備済みの「こんごう」「ちょうかい」は佐世保基地(長崎県)から日本海へ、横須賀基地(神奈川県)の「きりしま」が本州東側の太平洋にそれぞれ向かった。

 こんごうと、ちょうかいは、早ければ29日に日本海の目標海域に到達し、監視活動に入る。2隻でほぼ日本全土の領空をカバーする機能を持ち、ミサイル発射の際は、早期警戒衛星など米軍側の情報も参考に、万一の事態に備える。きりしまは10年度にSM3を装備予定で、今回は弾道ミサイルを追尾し、太平洋側での着水地点の確認などを行うとみられる。

 また、米海軍もSM3装備のイージス艦「シャイロー」など数隻を日本近海に配置している。

 こんごうとちょうかいは、米ハワイで各1回SM3の実射試験を経験したが、ちょうかいは米製弾頭の不具合で、模擬ミサイルの迎撃に失敗した。米海軍は16回の実射試験中13回を成功させたという。【本多健】
by ujimuboubi | 2009-03-29 00:15 | 自衛隊関連

海賊対策、ジブチ駐留で協定 政府、月内にも締結

海賊対策、ジブチ駐留で協定 政府、月内にも締結

日本経済新聞 3月19日

 政府はアフリカ・ソマリア沖での海賊対策で自衛隊の拠点となるジブチと、自衛隊員の同国駐留に関する地位協定を月内にも締結する方針を固めた。すでに派遣した護衛艦に加え、4月以降にもP3C哨戒機を追加投入するのに備えた措置。自衛隊の海外派遣での地位協定は、イラク復興支援に際してクウェート政府と結んだ例に続いて2つ目となる。

 政府は13日に現行法に基づいて海上警備行動を発令し、海上自衛隊の護衛艦2隻を14日にソマリア沖に出港させた。これに加えて4月以降にP3C哨戒機を投入。護衛艦とP3Cによる上空からの警備とあわせ、同海域で日本の船舶を海賊行為から守れるようにする。(20日 07:00)
by ujimuboubi | 2009-03-21 12:54 | 自衛隊関連

北のミサイル「破壊命令」、落下に備え自衛隊に発令へ 特集 北朝鮮情勢

北のミサイル「破壊命令」、落下に備え自衛隊に発令へ
特集 北朝鮮情勢

 北朝鮮が「人工衛星」の打ち上げを名目に弾道ミサイルの発射を準備している問題で、政府は18日、日本の領土・領海内に落下する場合に備え、今月末にも自衛隊にミサイルなどの「破壊措置命令」を発令することを決めた。

 破壊措置命令は自衛隊がミサイル防衛(MD)システムを活用して迎撃するため、防衛相が自衛隊法82条の2に基づき発令する。破壊の対象は、日本に向け飛来する「弾道ミサイル等」と規定され、政府は日本の領土・領海に事故などで落下する人工衛星やその打ち上げ用ロケットも含まれるとしている。

 自衛隊法では破壊措置命令について、首相の承認を得ることと規定しており、具体的には、閣議決定を経て発令する。国民にも公表される見通しだ。

 一方で同法には事態の急変に備え、期間を定めてあらかじめ自衛隊の部隊に破壊措置命令を発令することができるとの規定もある。この場合は閣議決定は必要なく、「命令の期間切れを狙ってミサイルなどを発射される恐れがある」(防衛省幹部)ため、政府は発令の有無を公表しない。

 政府は破壊措置命令を閣議を経て発令するかどうかは決めていない。

 自衛隊は、命令を受ければ、日本に落下するミサイルなどをイージス艦のSM3ミサイルで大気圏外で破壊し、撃ち漏らした場合は、地上配備のPAC3ミサイルで破壊する。日本に落下しなければ迎撃しない。
(2009年3月18日22時30分 読売新聞)
by ujimuboubi | 2009-03-21 12:46 | 自衛隊関連

北朝鮮:「衛星発射」通告 政府、初の破壊命令へ 自衛隊法に基づき--来週にも

北朝鮮:「衛星発射」通告 政府、初の破壊命令へ 自衛隊法に基づき--来週にも

毎日新聞 3月19日

 北朝鮮が発射を通告した長距離弾道ミサイル(北朝鮮は人工衛星と主張)問題で、政府はミサイルなどが日本の領土・領海に落下する場合に備え、自衛隊法に基づく初の破壊措置命令を来週にも出す方針だ。ただ、北朝鮮が事前に飛行コースを指定したことなど、今回は現行法が想定していないケース。実際に日本に着弾する恐れは低いとの見方もある。このため政府は、命令を警戒レベルの高い閣議決定として公表するかどうか、対応に苦慮している。

 「そう時間をかけようとは思わない」。浜田靖一防衛相は19日の会見で、ミサイル防衛(MD)による対応方針を近くまとめる考えを示した。政府は今回、日本への武力攻撃には当たらないと判断しており、破壊命令には二つの選択肢がある。

 一つは閣議決定として麻生太郎首相が承認し、防衛相が自衛隊に命令する形。公表が前提で、北朝鮮に対しても強いメッセージだ。ただミサイル弾頭などが「日本に落ちる危険が強い」と認定することになり、国民の不安をあおりかねない。

 一方、首相の承認なしで防衛相が期限を定めてあらかじめ命令しておく方法もある。これは日本への落下の可能性が比較的低く、事態の急変に備えるもので、「今回はこちらに近い」との指摘もある。期限切れを狙われないよう、命令は非公表だ。

 だが、北朝鮮の通告通りなら、ミサイルは東北地方上空を通過する。「皆が知っていることを隠しては説明責任が果たせない」(制服組)との指摘が出ている。また、非公表のまま航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイルPAC3が出動すれば、周辺住民に混乱が起きる恐れもある。

 政府は非公表の命令後、会見などで事実上認めることも検討している。「机上で作った制度のほころびだ」と指摘する防衛省幹部もいる。【松尾良】
【関連記事】
by ujimuboubi | 2009-03-21 12:43 | 自衛隊関連

「今すぐ仕事を」と訴え 宇治市役所前 建設労働者が歩道で座り込み

洛南タイムスの記事から

********************
「今すぐ仕事を」と訴え
宇治市役所前
建設労働者が歩道で座り込み


 建設労働者らで組織する全京都建設労働組合宇治支部(杉原信男支部長、1430人)が19日、建設労働者の仕事と雇用を守る生活密着型の公共工事の大量発注などを求め、宇治市役所前の歩道で座り込行動を展開した。底の見えない経済恐慌で仕事は激減しており、生活保護申請に関する問い合わせが支部に寄せられる事態という。

 グローバルな経済恐慌で国内の建設投資もピーク時の6割に落ち込み、末端で働く建設労働者は深刻な仕事不足に直面しているという。
 同支部では今月13日にも▽市民生活に密着した公共事業の大量発注で中小零細建設業者、建設従事者、労働者の生活と雇用を守ること――など4項目の「建設不況打開と市内建設業の振興への緊急対策」を市長に求める要請書を市役所に提出している。
 市役所前歩道での座り込みには組合員や家族ら140人が参加。「生活応援 不況打開」「住宅改修助成制度を創設せよ」などの横断幕やプラカードを掲げ、午前10時~午後3時まで歩道での座り込み活動を通して市民らに窮状を訴えた。
 参加した男性(61)は定年退職を迎える家を回って仕事を探しているが、不景気で財布のひもは固い。リフォーム業者と仕事を取り合い、施主にこっちは 10割の仕事だが、むこうは仕事を下請けに回すので7割の仕事だと言っているのに(仕事を)取られる。後で欠陥が見つかったが、時すでに遅しで、リフォーム業者の行方はわからずウチに泣き寝入りする。今は少ない仕事の取り合いや――と話す。
 夫と息子が鉄工の仕事をしているという女性は「昨年の11月から月ごとの売上げは4分の1~5分の1に減り、貯金を取り崩して生活費に充てている。パートに出たいが年齢が引っかかって行く先がない。いつ仕事が入るが分からないので誰か電話番も必要。所帯を持った息子の家庭が先々心配」と話す。
 別の女性は「地域振興に一人1万2千円くれても何の足しにもならない。その財源を零細事業者や建築労働者の仕事につながるものに回してくれる方が税金が生きるのに」と顔を曇らせる。
 杉原支部長(60)は「景気の良い時はひと月に20日間の仕事があったが、今は1週間から10日あればよい方。組合費の滞納のほか、生活保護申請の問い合わせが支部にまで来ている」と現状を説明。
 労働単価は切り下げられる一方で、それでも仕事が取れない。大阪から京都に来る建築労働者が日給8000円で仕事を取ると京都の我々ではとても太刀打ちできない」と話し、工賃のダンピングという負の連鎖まで招いている現状に危機感を募らせている。【岡本幸一】
by ujimuboubi | 2009-03-21 12:43 | 地方自治

精華町 祝園弾薬庫の安全性を検証する集いを開催します!

祝園弾薬庫の安全性を検証します!
「安全を確保している」という
政府の答弁は本当でしょうか?


日時 3月15日(日) 午後1時30分~
場所 かしのき苑
内容 12月議会条例審議の報告
    祝園弾薬庫の安全性について
参加費 500円


 参議院議員の山内徳信さんが提出した質問書に対して政府は「火薬庫の整備及び火薬類の貯蔵に当たっては、火薬類取締法等の関係法令に基づき、適切に行っており、当該火薬庫周辺における安全を十分確保していることから、その移転については、考えていない。」と祝園弾薬庫を移転する意思のないことを表明しました。町長でさえ「学研都市に相応しくない」と言っている弾薬庫について全く移転の必要がないという「根拠」について、参加者のみなさんと様々な角度から検討をしていきたいと考えています。ぜひともご参加ください!

無防備・平和都市精華をつくる市民の会  Fax 0774-93-3903  tel 090-3627-2925

もっと読む
by ujimuboubi | 2009-03-15 13:30 | 精華町のとりくみ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
タグ
検索
最新の記事
ブログパーツ
株主優待で得をする
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧